k1r Blog

好きなことを好きなときに好きなだけ。

Amazon Prime Videoで見たアニメとこれから見るアニメ

f:id:ken_requiem:20180711142246p:plain:w500
カメラ欲も音ゲ欲もないので、帰宅してご飯食べたら4~5時間アニメ見てます、先週末は22時から7時までぶっ通しで見てた。感想です。

見たアニメ

アホガール [18/07/07~]

f:id:ken_requiem:20180711142903j:plainシーズン1、12話まで見ました。原作読破済み。タイトルそのまま、1回12分と短いので気軽に見れるギャグアニメ。よしこがチンパンジー。全然違うけど妹は思春期を思い出した。普通に下着姿になるのに全くもってエロさがない。無性にバナナが食べたくなります、バナナうめぇ。https://www.amazon.co.jp/アホガール/dp/B07DV2JM87/www.amazon.co.jp

BEATLESS [18/07/07~]

f:id:ken_requiem:20180711143101j:plainシーズン1、24話まで見ました。原作は未読。近未来+AI+アンドロイドとかテーマ的には良さそうなのに評判があまり良くなかった。俺は普通に面白かった、レイシア可愛い。評価が低いのは原作が良かったらしいのと、総集編やりすぎなのと、本来は重めな原作がアニメ化でヘタレ主人公になり、SFとラブコメと日常系を全部詰め込んで方向性がどっか行ったからっぽい。原作読んだら評価下がりそう。www.amazon.co.jp

ゆるキャン△ [18/07/08~]

f:id:ken_requiem:20180711142513p:plain
一時?流行っててタイトルだけ知ってました、女の子がゆるーくキャンプをやるアニメかな、と思っていたらそのままだった。想像以上に面白かった。ゆっくりと流れる時間、美しい景色、それらにぴったりなBGM、キャンプに関する道具や使い方などの説明がなされていてアウトドア欲が出てきた。起承転結、そんなアニメもいいけど、あーこういうので良いよ、こういうが良いんだよって思いました。納戸にある道具ひっぱり出して来ようかな。https://www.amazon.co.jp/ふじさんとカレーめん/dp/B078TRCBM2/www.amazon.co.jp

ヒナまつり [18/07/10~]

f:id:ken_requiem:20180711142436j:plain
シーズン1、12まで見ました。原作は未読。ヤクザと超能力少女って設定はありそうでなかった、もしかしてあるかもしれないけど、いまのところ一番面白かった、夜中にひとりで声出して笑った。内容ですが基本はギャグアニメ、なんだけどちょくちょくシリアスシーン入って来るのはなぜなのか、良いんだけど。ヒナの声優さんはぴったり、あのやる気のない感じが好き。「いくらー」https://www.amazon.co.jp/超能力少女現る!/dp/B07C5DXB5Z/www.amazon.co.jp

ReLIFE 1期 [18/07/12~]

f:id:ken_requiem:20180717092434j:plain原作は未読、高校生に戻って人生やり直す話。
主人公は事情があってニートだけど基本的にしっかりしてるし、取り巻くキャラもみんないい人だしめっちゃ安心して見ていられる。自分が高校生のとき、面倒くさいと思っていた時間はかけがえのない時期だった的な。

一瞬、某探偵漫画が過ぎりますが、変わったのが見た目だけであって喫煙に飲酒もするし体力の低下、キズの治りが遅いとか「あーそれな」ってなる。海崎と同じアラサーには懐かしいMDや、EDでは毎話ごとに昔良く聞いてた曲が流れるのも良い。
大神と狩生をはじめとした友情あり恋愛ありの話だとか、大人の海崎・夜明と、高校生が関わりあうことでの成長、変化の仕方を含め面白かった。

13話だとか後半ではそれぞれのカップルの仲が深まっていくのがとても微笑ましくもあり。あーいいなぁってなった。結構端折られてるシーンがあるそうなので原作見ようと思います。

取り敢えず、海崎・日代ペアが尊すぎて死にます。

ReLIFE 2期 [18/07/13~]

f:id:ken_requiem:20180717091910j:plain完結編、4話で終わってしまいます。原作のストック的な問題で致し方ないようだけど、4話のモブキャラの作画が…。
にしてもやっぱり原作で最後に繋がるような伏線やカットされているらしいだとか、4話という駆け足になってしまっているのが残念。にしかも切なすぎてしんどかった。でも最後まで見て「あぁあああああ良かったぁあああああ」ってなるので見て。めっちゃおすすめ。

月がきれい [18/07/13~]

f:id:ken_requiem:20180721104750p:plain
まさかの原作がない完全オリジナルストーリーだそう。中学生の二人が恋に落ちる話で、文学少年と陸上部の女の子の話。綺麗で、甘酸っぱくて、懐かしくて、川越に行きたくなる物語。安曇くんも茜ちゃんもクラスで目立つわけでもなく落ち着いていてお互いにとてもシャイなんだけど、徐々に距離を縮めていく恋模様を見てひたすら悶える作品、いわばテロ。

付き合うってなにをすればいいか分からなくてググっちゃうとか、LINEの返事が来たり、会う約束が出来たのが嬉しくて電灯の紐でボクシングをしたり、無駄に動きたくなって腹筋しちゃう小太郎くんが可愛すぎるだとか、茜ちゃんが同じ部活の男の子と一緒に居る嫉妬しちゃって、イライラしてケンカになってしまうだとか、あー…ってなる。
修学旅行に携帯を持ち込むために工夫して隠すだと、持ち込みに成功して携帯を弄ったり、同じ部屋の友達同士で固まって夜更かししたり微笑ましい。

毎回、太宰の名言が出てくるのも面白い。、「少くとも恋愛は、チャンスでないと思う。私はそれを、意志だと思う」だとか。
東山奈央さんが歌う名曲カバーが流れる演出もなかなか。昔から好きな村下孝蔵の「初恋」が流れたときはびったりしたし「放課後の校庭を 走る君がいた」って歌詞がそのシーンぴったりで良かったなぁ。その他にも毎回異なる曲、ELTの「fragile」とかcharaの「やさしい気持ち」とかkiroroの「未来へ」とか、レミオロメンの「3月9日」とか。あとEDも見逃せないので絶対見るべき。姉ちゃんへのイタズラでiPhoneの連続スクショって今っぽいなぁって思ったな。

とにかく良かった、久し振りにまた見たいって思った。

四月は君の嘘 [18/07/14~]

f:id:ken_requiem:20180721112523j:plain
原作は未読。珍しい音楽メインとした話、のだめとピアノの森くらいしか知らないぞ。かをりちゃんが素晴らしい、普段と演奏中のギャップが凄いし、あのテンションね。邦画だし映画化されたのは見てないけどなんとなーく結末は分かっていた。実際に見始めて、もう話の流れから結末の予想が付いてしまって本当に辛かった、このままずっと続けばいいのにって思ってた。でもやっぱり終わってしまうわけで。

最終話になってやっと分かるタイトルの意味。そして22話はクライマックス感も凄くて作画が凄い、言葉が出てこない、もう涙腺壊れた。ウユニ塩湖っぽいとこでの演奏のシーンはもちろん、手紙の掛け合いね。なにが言いたいかというと『届くかな 届くといいな』

ちょっと思ったんだけど、手術するってことは確率は低くとも延命の見込みというか希望ががあるからするんだろう。そしてあのコンクールと手術日が同じ日だったはずなんだけど。演奏途中で「病気なんか蹴散らしちゃえ」って全然分かるんだけど、そのあとの「さようなら」ってどういうこと??助かる確率がものっすごい低いとしても「さようなら」がしっくりこなかった。

実写映画化されたときに良く見聞きはしてたけど、なんでいままだ見てなかったのかめっちゃ後悔した。もう一回見ようと思います。『聴いてくれた人が私を忘れないように その人の心にずっと住めるように』

恋は雨上がりのように [18/07/15~]

f:id:ken_requiem:20180721105053p:plain
原作は未読。おじさんと女子高校の恋愛物語。ちょっとキャラデザが独特だけど慣れるしむしろこのデザインで良かったと思う、大丈夫。
さて、いくら漫画とはいえさすがに社会的にズレてるし、おじさんが考えたおじさんのためのラノベみたいな認識で拒絶感があったけど違った。
恋愛ドラマというか恋愛未満?そもそもおじさんの妄想とかじゃなくて、一度は諦めてしまった夢、人との関わりの中でそのときの情熱を思い出し、再出発するような話。

女子高生の思いのままに行動する場面はそわそわしてた、そういうところも可愛い。
そしておじさんはバツイチでファミレス店長って冴えないんだけど、またに垣間見える文学に対する真摯さというか素敵な人でもある。
不思議な組み合わせではあるけれど、始まりは些細なキッカケだったかもしれないけれど、この出会いがあったからこそ、お互いに大切なものに気付くことが出来たっていう。

モチーフの文学作品だったり雨が良かった。あ、どうでもいいんですがEDであるAimerさんのRef:rainはCDを購入してたけどアニメの主題歌なんだーっていう認識で、1話が終わって初めてこの作品のEDだと気づきました。

原作も読んでみたい。

多田くんは恋をしない [18/07/15~]

f:id:ken_requiem:20180721110032p:plain
原作は未読。とても分かりやすい超王道ストーリー。ちょっと難しかったり凝ったものが多い中、どストレートなので安心して見れた。
感情に繋がるまでの描写が丁寧で、ラスト数話の展開が良かったけど、さすがに最後数分…まあたまにはご都合主義も良いか。

ネト充のススメ [18/07/16~]

f:id:ken_requiem:20180721150013j:plain
主人公は三十路ニートネトゲ廃人女子、それに28歳のメガネイケメン社員。
ネト充っていうくらいだからネトゲでわいわいする話だと思ったら、ネトゲで仲良くしてる人が近くにいてリアルでも仲良くなっちゃう話。
森子ちゃんのようにネトゲ廃人のようなことをしていた身としてはネトゲあるあるがあって楽しかったし、先輩だとか周りの人も悪い人はいないので不快感もなく気楽に見ることができます。

正直、身近にギルド仲間がいるなんてほぼありえないのにたくさん居るだとか、せっかくネトゲが題材のキッカケでもあるのだからもう少しネトゲしてても良かったのではとは思いました。中の人が実は…!は序盤から割と分かってて引っ張ってた感あるし。
基本的に2人ともウブ過ぎるのでなかなか進まずもどかしい、でもまたそこが良い。そういえば森子ちゃんが爽子と同じ能登麻美子さんだそうで、舞台は違えどウブっぽさは近しいので良いと思います。

メイドインアビス [18/07/16~]

原作は未読。

ヲタクに恋は難しい [18/07/16~]

原作読破済み。

これから見るアニメ

RERSONA

しろくまカフェ

次なに見ようかなー。
見たらこんな感じで感想書いていきます。